news

BOOKLORE(ブックロア)のご紹介

京都を拠点とするBOOKLORE(ブックロア)は、「誰でも表現ができる」
という大阪枚方のSEWING GALLERYの気持ちが受け継がれた出版社です。

関西を中心に活躍する作家が本を舞台に表現ができる場所として、
作品集や詩集を発信しています。

_MG_7356.jpg

「water hole memo」  三倉理恵 
「八月の水」  旅人と詩人の雑誌
「言の森」  西尾勝彦

_MG_7349.jpg

「Fantastic Something」  美術作家永井宏が関西で開催した
文章のワークショップから生まれた小冊子をまとめた一冊。
36人、147篇の何気ない日常を描いた、詩や散文が収められています。
「九月の朝顔」  畑尾和美 詩画集
「貝殻となり」SEWING TABLE COFFEE  玉井健二 玉井恵美子

_MG_7361.jpg

「無国」  イケダユ-コ
「森のなかで」毛マニア作品集  毛マニア
「天体図鑑」  毛マニア
「08_09 Play with ships」  玉井健二
「月満ちて/めぐりめぐる」   多田真由美

BOOKLOREは「BOOK」と「Folklore」を合わせた言葉です。
「lore」は伝承という意味であり、フォークロアは習慣・言語・工芸
などの伝承を意味します。

小出版スタイルのBOOKLORE。
「この時代に行われている事を本という形で伝え残したい」という
作品の数々をご覧になってみて下さい。 
スポンサーサイト
  1. 2014/08/01(金) 19:27:58|
  2. 商品案内